将棋厨房掲示板

82060
ご来訪ありがとうございます。お気軽にご投稿下さい。ただしアダルトサイトの宣伝等、管理人が不適切と判断した記事は削除することがあります。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

NHK杯より - 鬼

2019/01/08 (Tue) 14:05:56

こんにちは、この前のNHK杯
三枚堂達也六段vs近藤誠也五段の対局です。
三枚堂さん得意の「3枚の攻めは切れても三枚堂の攻めは切れない」(笑)が炸裂しました。
冗談はされおき、将棋のエッセンスが詰まっているようで勉強になりました。棋譜↓
http://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?1001

Re: NHK杯より - くも URL

2019/01/08 (Tue) 19:55:29

こんばんは^^
この将棋は観ていませんでした。
鬼さんのコメントを読んで、三枚堂六段が攻めまくっている将棋なのかな?と思ったのですが、終盤までは逆ですね。
たぶん、放映を観ていたら楽しめただろうなと思える将棋でした^^

Re: NHK杯より - 鬼

2019/01/08 (Tue) 21:02:03

くもさん こんばんは
ちょっと質問ですが、先手の151手目▲2一銀に後手は
▽4三玉と逃げていますが。▽2二玉で詰みますかねぇ?
大分考えましたが即詰みが発見できません^^;

Re: NHK杯より - くも URL

2019/01/08 (Tue) 22:48:08

こんばんは^^
△2二玉なら▲6二飛成と引いて、後手の合い駒が悪いので詰むようです。
以下手順を示しますと、△4二金▲同龍△同銀▲3二金△1三玉▲2四金△同歩▲2三金△同玉▲2四歩△1三玉▲2五桂までとなります。

Re: NHK杯より - 鬼

2019/01/08 (Tue) 23:21:08

あっ!そうか、▲2四金~▲2三金が見えてなかったです。
なるほど。それとどっちでも同じでしょうけど▽1三玉には▲2三歩成までですよね。飛車が一番下で頑張っていますので(笑)

Re: NHK杯より - タキオン

2019/01/09 (Wed) 00:49:15

こんばんは。
本年も時々ですが書き込みますのでよろしくお願いします^^

NHK杯は毎週録画をしており、この将棋は先ほど観ました。
これは最後まで二転三転して面白かったですね。
佐々木勇気七段の視聴者目線に近い解説もこの戦いにマッチしていたように思います(^^)

佐々木七段によると、
137手目の▲6一飛は危うい手で、
ここは▲3一銀から、△1三玉に、決め手が▲1五馬!!!
これでカッコいい勝ちだったようですね。

三枚堂六段の161手目の▲5一飛成の時は、時間を使わずに指したのでてっきり読み切ったのかと思っていましたが、その後の指し手では頭を抱えながら秒ぎりぎりまで。どうやらなにか錯覚があったようですね。それでも何とか踏みとどまり勝ちきったのはさすが高勝率の棋士ですね。


来週は久保王将vs今泉四段。
これは相振り飛車確定ですかね!?
私は振り飛車党で相振りにもよくなるので、勉強になりそうで楽しみです(^^)

Re: NHK杯より - 鬼

2019/01/09 (Wed) 06:15:55

お早うございます。
私も137手目以降のの佐々木七段の指摘には膝を叩きました。
でも私には▲3一銀▽同玉でも相当難解です^^;
30秒で見えるとは!さすが藤井聡太の30連勝を阻んだだけのことはあると。
不思議なのは近藤誠也五段と三枚堂六段の対戦成績ですね。
昨日を含めて六戦して全敗…やはり天敵というのは将棋社会にもあるんですねぇ(笑)
そういうことも原因して手が震えたんでしょうか^^;

今泉四段とは面識もあり、指導将棋も指してもらった仲で、それが縁でFBフレンドでもあります。
彼の著書を二冊ほど持っていますが、奨励会時代の久保さんを天才的だったと褒めたたえていますね。
でも、藤井聡太七段~深浦九段と連破してきた勢いで、久保王将にも勝ってほしいと願ってます。
中飛車の鬼vs捌きのアーティスト、どうなることやら

Re: NHK杯より - タキオン

2019/01/13 (Sun) 19:39:04

今泉四段、3手目の衝撃!!(^_^;)

Re: NHK杯より - 鬼

2019/01/14 (Mon) 06:33:00

お早うございます。
3手目、▲2六歩!?について失礼ながら親し紛れに
今泉四段にFB上で質しました。
今泉さんの返事です(笑)。
『みていただきありがとうございます(^^)
ま、いつも通りやったつもりです。
対抗形が私は好きなので。
結果は悔しいですけど、納得もしています。
また教われるように頑張ります(^^)』ということです。
対抗形が好きだなんて、私も知らなかった。

Re: NHK杯より - タキオン

2019/01/14 (Mon) 11:56:52

鬼さん
こんにちは

今泉さんに直接質問してすぐにお返事いただけるなんて凄いです!(^^)

何年か前から3回戦以降は対局前インタビューが無くなってるんですよね。
ハッシー以外はだいたい皆さん同じようなことを語るのでやむなしかもしれませんが、今回ばかりは今泉四段の久保戦に懸ける思いを聞きたかったですねぇ

次の一手 - 鬼

2019/01/10 (Thu) 08:01:43

お早うございます。
朝刊の次の一手問題です。解答は来週にしか解りませんが
ちょっと易しく見えるので落とし穴にハマらないように(笑)

Re: 次の一手 - タキオン

2019/01/11 (Fri) 06:16:12

おはようございます。

思った答えを書いてよいでしょうか?

自玉は安泰とみて、あの場所に金を打ちます。
落とし穴にハマってないといいですが(^^;

Re: 次の一手 - 鬼

2019/01/11 (Fri) 08:51:39

お早うございます。
答え書いてもいいですよ。▲7二金のことですか。
正解は来週しか解りませんが、そのあとが案外めんどくさい
受けがあるんですよ(笑)

Re: 次の一手 - ももずきん

2019/01/12 (Sat) 03:19:50

なんか眠いが第一感ですね。▲7壱銀▽6二金まではワンセット・・・しかしその先は催眠音波の領域ですね。よくある局面ではありますが、正解をきちんと証明するのは相当至難という一例ですね

▲7一ぎん・・・62金72金61金同金・・・うーん
71銀52金・・・ZZZZZZZ

Re: 次の一手 - 鬼

2019/01/12 (Sat) 07:11:35

お早うございます。
ああでもない、こうでもないと1日中考え続けて
やっとスッキリした答えが見つかりました。
多分ですけど、ももずきんさんの初手「▲7一銀」が正解だと思います。
来週の新聞解答見なくても”快答”間違いなし。
あとの指し手は皆様のお楽しみを奪いたくないので伏せておきます(笑)

Re: 次の一手 - くも URL

2019/01/12 (Sat) 09:01:55

おはようございます^^

図から▲7一銀が正解とのことですが、△7二飛と粘られたらどうするのでしょう?

Re: 次の一手 - 鬼

2019/01/12 (Sat) 10:20:14

うわ~!▽7二飛がありましたか。自分は▽5二飛と読んでました。とんだ勝手読みでしたねぇ。
やっぱり初手は▲7二金ですかねぇ。以下▽5二飛▲4一金▽同玉▲6一金と迫る方が本筋でしょうか…
くもさん、どう思われます?

Re: 次の一手 - くも URL

2019/01/12 (Sat) 13:02:33

こんにちは^^

図から▲7二金で先手勝ちだと思うのですが、次の一手らしくないと言いますか、解後感が良くないモヤモヤした感じになるので悩んでいました(^^;

▲7二金に後手は自陣飛車で受けるしかないと思います。
△6二飛は▲4一金△同玉▲6二金で簡単に寄り。
△5二飛は鬼さんのご指摘通り▲4一金△同玉▲6一金と進め、△2二飛に▲2三銀と打てば寄り。
△4二飛は▲同銀成△同玉▲6一金が次に▲4一飛以下の詰めろになるため後手玉は一手一手の寄り。

ただ、上記の順に加えて、後手には△5六桂▲同歩△4六馬と捨てて先手の2筋の駒を2九龍で素抜く非常手段もありますから、その組み合わせを全て読み切るのが煩雑なのですが、桂を入手すれば▲3五桂が急所の押さえになるので先手の包囲網が破られることはなさそうです。

今一つスッキリしませんが、正解は何なのでしょうね(^^;

Re: 次の一手 - 鬼

2019/01/12 (Sat) 16:09:01

こんにちは
くもさんのコメントで後手が▽4二飛と受けた場合、▲同銀成、▽同玉▲4一飛▽同玉▲4三銀の方がスッキリする気がします。▽5六桂も無効のように思います。また▽6九飛打▲同銀▽6七銀▲同玉▽6九龍でも捕まりませんよね。どうですかね。

Re: 次の一手 - くも URL

2019/01/12 (Sat) 18:09:01

こんばんは^^

> くもさんのコメントで後手が▽4二飛と受けた場合、▲同銀成、▽同玉▲4一飛▽同玉▲4三銀の方がスッキリする気がします。

図から▲7二金△4二飛▲同銀成△同玉▲4一飛△同玉▲4三銀と豪快に決めるということですね?
その形は後手の持ち駒が飛銀桂2歩2、先手の持ち駒が金歩3になります。

以下△7九銀と打たれたら大丈夫ですか?

Re: 次の一手 - タキオン

2019/01/12 (Sat) 18:13:10

はい、おっしゃる通り私の手は▲7二金のつもりでした。
しかし7一銀は全く読んでなかったのでその比較をせずに解答したものです(^_^;) 


>> ▽4二飛と受けた場合、▲同銀成、▽同玉▲4一飛▽同玉▲4三銀の方がスッキリする気がします。

後手に飛車と銀を渡してるってことですよね?
これは先手玉が安泰ではないような気がしますが、どうでしょう?(^_^;)

Re: 次の一手 - タキオン

2019/01/12 (Sat) 18:22:07

おっと、くもさんとコメント内容少し被りましたね^^;

先手玉に即詰みがあってもおかしくない感じはしますね。
△6九飛 ▲同銀 △6七銀の筋でいけませんかね?

Re: 次の一手 - 鬼

2019/01/12 (Sat) 19:16:45

くもさん、こんばんは
いや~読みが浅いなぁ、雑だなぁ 自分がイヤになります(-_-;)
▽7九銀▲6七玉▽5五桂▲同角▽6九飛▲同銀▽同龍▲5六玉
▽4五銀まで。▽5五桂に▲7八玉は▽6六桂▲同角▽6八飛まで。 ▽7九銀に▲7八玉は▽6六桂▲6七玉(▲同角は▽6八飛まで)▽5五桂▲5六玉▽2六飛(or3六飛)▲4六金▽同馬▲同歩▽4五金まで…
ありがとうございましたm(__)m
でも確かに次の一手問題にしてはスッキリ感がないですねぇ

Re: 次の一手 - くも URL

2019/01/12 (Sat) 21:43:24

こんばんは^^

創作次の一手だったらもうちょっとスッキリ感が出るように創ると思うのですが、もしかすると実戦からの出題なのかもしれませんね。
しかし普通に思いつく▲7二金が次の一手の正解というのも、どうなんだろうと思います(^^;

師匠も強~い!!! - 鬼

2019/01/09 (Wed) 08:55:51

お早うございます。
藤井聡太七段の順位戦8連勝で、お師匠の杉本七段の
結果が気になって、早朝に調べたら、同じく勝って8連勝!
驚いたのは振り飛車党のはずの杉本さんが、ゴキゲン中飛車の大家、近藤正和六段に居飛車で戦ったことです。
師弟共にB2に昇格してほしいので万歳です~(^_^)/
http://shogi-naka.com/cgi-bin/wwwbbs/wwwbbs.cgi?1002

私の棋譜見てください19_1 - エルゴ

2019/01/05 (Sat) 22:32:45

先手:エルゴ
後手:j氏
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:25/00:00:25)
2 8四歩(83) ( 0:08/00:00:08)
3 6八銀(79) ( 0:17/00:00:42)
4 3四歩(33) ( 0:07/00:00:15)
5 6六歩(67) ( 0:06/00:00:48)
6 6二銀(71) ( 0:22/00:00:37)
7 5六歩(57) ( 0:06/00:00:54)
8 6四歩(63) ( 0:24/00:01:01)
9 7七銀(68) ( 1:05/00:01:59)
10 6三銀(62) ( 0:13/00:01:14)
11 7八金(69) ( 0:09/00:02:08)
12 7四歩(73) ( 0:20/00:01:34)
13 5八金(49) ( 0:05/00:02:13)
14 7三桂(81) ( 0:07/00:01:41)
15 6九玉(59) ( 0:19/00:02:32)
16 3二金(41) ( 0:20/00:02:01)
17 2六歩(27) ( 0:06/00:02:38)
18 5二金(61) ( 0:10/00:02:11)
19 2五歩(26) ( 0:02/00:02:40)
20 3三角(22) ( 0:05/00:02:16)
21 7九角(88) ( 0:03/00:02:43)
22 4二銀(31) ( 0:05/00:02:21)
23 9六歩(97) ( 0:02/00:02:45)
24 9四歩(93) ( 0:05/00:02:26)
25 3八銀(39) ( 0:25/00:03:10)
26 8一飛(82) ( 0:12/00:02:38)
27 3六歩(37) ( 0:08/00:03:18)
28 4四歩(43) ( 0:05/00:02:43)
29 2七銀(38) ( 0:05/00:03:23)
30 4三銀(42) ( 0:05/00:02:48)
31 1六歩(17) ( 0:04/00:03:27)
32 1四歩(13) ( 0:05/00:02:53)
33 2六銀(27) ( 0:04/00:03:31)
34 6二玉(51) ( 0:06/00:02:59)
35 3五歩(36) ( 0:21/00:03:52)
36 7二玉(62) ( 1:11/00:04:10)
37 3四歩(35) ( 0:42/00:04:34)
38 同 銀(43) ( 0:06/00:04:16)
39 3八飛(28) ( 0:04/00:04:38)
40 4三銀(34) ( 0:04/00:04:20)
41 6七金(58) ( 1:16/00:05:54)
42 4五歩(44) ( 0:06/00:04:26)
43 2四歩(25) ( 0:17/00:06:11)
44 同 歩(23) ( 0:06/00:04:32)
45 3五銀(26) ( 0:02/00:06:13)
46 5四歩(53) ( 0:13/00:04:45)
47 2四銀(35) ( 1:42/00:07:55)
48 4四角(33) ( 0:42/00:05:27)
49 3五銀(24) ( 0:27/00:08:22)
50 5三角(44) ( 0:14/00:05:41)
51 3四歩打 ( 0:10/00:08:32)
52 6二金(52) ( 0:18/00:05:59)
53 2四銀(35) ( 0:50/00:09:22)
54 3七歩打 ( 0:49/00:06:48)
55 同 飛(38) ( 0:14/00:09:36)
56 2六角(53) ( 0:09/00:06:57)
57 3八飛(37) ( 0:19/00:09:55)
58 3七歩打 ( 0:28/00:07:25)
59 2八飛(38) ( 0:04/00:09:59)
60 4四角(26) ( 0:08/00:07:33)
61 2三銀成(24) ( 0:47/00:10:46)
62 4二金(32) ( 0:12/00:07:45)
63 2四角(79) ( 0:39/00:11:25)
64 5二金(42) ( 1:14/00:08:59)
65 3三歩成(34) ( 0:04/00:11:29)
66 同 桂(21) ( 0:07/00:09:06)
67 同 成銀(23) ( 0:01/00:11:30)
68 2一飛(81) ( 0:24/00:09:30)
69 2二歩打 ( 1:37/00:13:07)
70 3一飛(21) ( 0:25/00:09:55)
71 3二歩打 ( 1:33/00:14:40)
72 同 銀(43) ( 0:17/00:10:12)
73 3四成銀(33) ( 1:14/00:15:54)+
74 3三銀(32) ( 0:13/00:10:25)
75 4四成銀(34) ( 0:55/00:16:49)
76 2四銀(33) ( 0:18/00:10:43)
77 同 飛(28) ( 0:55/00:17:44)
78 3五角打 ( 0:08/00:10:51)
79 2三飛成(24) ( 0:56/00:18:40)
80 4四角(35) ( 0:13/00:11:04)
81 3二銀打 ( 0:57/00:19:37)
82 8一飛(31) ( 0:09/00:11:13)
83 7九玉(69) ( 0:55/00:20:32)
84 3八歩成(37) ( 0:16/00:11:29)
85 8八玉(79) ( 0:55/00:21:27)+
86 8五桂(73) ( 0:05/00:11:34)
87 4三銀成(32) ( 0:55/00:22:22)
88 7七桂成(85) ( 0:35/00:12:09)
89 同 金(67) ( 0:54/00:23:16)
90 4三金(52) ( 0:07/00:12:16)
91 同 龍(23) ( 0:55/00:24:11)
92 5三銀打 ( 0:07/00:12:23)
93 4六歩(47) ( 0:55/00:25:06)
94 4二銀打 ( 0:06/00:12:29)
95 3四龍(43) ( 0:57/00:26:03)
96 2九と(38) ( 0:15/00:12:44)
97 4五歩(46) ( 0:55/00:26:58)
98 2六角(44) ( 0:13/00:12:57)
99 4四桂打 ( 0:57/00:27:55)+
100 8五歩(84) ( 0:32/00:13:29)
101 2四角打 ( 0:58/00:28:53)
102 5九角成(26) ( 0:23/00:13:52)
103 5五歩(56) ( 0:55/00:29:48)
104 8六桂打 ( 0:09/00:14:01)
105 6八金打 ( 0:53/00:30:41)
106 7八桂成(86) ( 0:07/00:14:08)
107 同 金(77) ( 0:54/00:31:35)
108 8六歩(85) ( 0:09/00:14:17)
109 同 歩(87) ( 0:45/00:32:20)
110 8五歩打 ( 0:06/00:14:23)
111 5四歩(55) ( 0:54/00:33:14)
112 8六歩(85) ( 0:26/00:14:49)
113 7九桂打 ( 0:54/00:34:08)
114 5四銀(63) ( 0:28/00:15:17)+
115 5五歩打 ( 0:30/00:34:38)
116 4三銀(54) ( 0:10/00:15:27)
117 5四桂打 ( 0:55/00:35:33)
118 3四銀(43) ( 0:10/00:15:37)
119 6二桂成(54) ( 0:31/00:36:04)
120 同 銀(53) ( 0:10/00:15:47)
121 4二角成(24) ( 0:07/00:36:11)
122 8七銀打 ( 0:05/00:15:52)
123 投了 ( 0:00/00:36:11)
まで122手で後手の勝ち

ポカにめげず頑張って指し続けた将棋を勝てませんでした。
私の答え【 敗着 】=85手目 ▲8八玉
お相手の方との”ちょっとだけ感想戦”で、▲8八玉が角のラインに入って危険ではなかったかと‥ですって。
入城したことが敗因になるなんて変な感じです。
右玉を知り尽くしている鬼さん、露払いのお役目よろしくお願いします。

Re: 私の棋譜見てください19_1 - くも URL

2019/01/06 (Sun) 10:41:43

おはようございます^^

鬼さんをご指名されておられますので、私はぱっと見の感想だけ書かせていただきます。

【9手目▲7七銀】
私の感覚が古いのかもしれませんが、△6四歩に対して▲7七銀は序盤の形として違和感を覚えるところです。
後手の△6四歩は居角との相性が良い手です。(逆に、引き角にした場合は角の進路を塞ぐ手になります。)
すなわち後手からは居角の利きを素通しさせたまま、6筋を攻める狙いがあります。
例えば矢倉中飛車ですとか、雁木や矢倉模様の急戦形でガンガン攻めて来る可能性があります。
そういう展開になると、7七銀は将来の△8五桂や△6五桂で狙われる損な形になります。
9手目は▲7八金とし、後手の6筋攻めの可能性が低くなるか、△8五歩と突かれたタイミングで▲7七銀と上がるのが自然に思われます。

【64手目△5二金左】
これは悪手だと思います。
ここからはエルゴさんが優勢になったと思います。
後手は△5二金右と受けるべきだったと思います。

【69手目▲2二歩】
▲2三歩として次に▲2二歩成を狙う方が優ると思います。
直接手ではなく、次に厳しい手を狙う方が相手は困るものです。

【73手目▲3四成銀】
▲4二成銀なら、エルゴさんが優勢を維持したまま勝っていたと思います。

【83手目▲7九玉】
以下▲8八玉と入城するのは確かに疑問の構想だったと思います。
ここは▲3七桂と歩切れを解消しながら遊び駒を活用するのが良かったと思います。
しかしながら、戦いの最中に玉を早逃げして相手に手を渡すのはしばしば有効な戦術になりえます。
エルゴさんがそのような着想を見せたことに感心しました。

【101手目▲2四角】
だいぶ紛れましたが、▲3二桂成と自然に攻めればまだ先手も戦えたと思います。
この▲2四角~▲5五歩があまり効いていませんでした。

【104手目△8六桂】
鋭い好手です。
ここでは後手の寄せの方が速くなっているようです。

【111手目▲5四歩】
この手が敗着だと思います。
当然▲8五同歩と取るべきで、△8六歩の垂らしには▲8四桂の反撃防御があります。

【112手目△8六歩】
チャンスを逃さない鋭い踏み込みで後手の攻め合い勝ちがはっきりしました。

【123手目投了】
エルゴさんは自玉の詰み手順を全て読み切ったでしょうか?
先手玉は明かに詰み筋に入っていますが、具体的な手順を全て読み切ったか、読み切っていないかには大きな違いがあります。
勝つにせよ負けるにせよ、実戦という緊張の場の中で「読み切る」体験を重ねることが終盤力向上には欠かせません。
それには詰め将棋を詰ますよりも高い効果があると思います。
投了するのは、自分が詰み手順を全て読み切り、相手も読み切っていることを確信した時で良いと思います。

お相手と感想戦をされたのは、とても良いことだと思います。
新年早々、良いお相手に恵まれましたね^^

Re: 私の棋譜見てください19_1 - 鬼

2019/01/07 (Mon) 17:17:15

お早うございます。
あらあら、露払いのつもりが、くもさんのあとになってしまいましたね^^;
結構、いろいろな枝分れがあって考え込んでしまって…

私はかつての“右玉オタク”の視点から感想を述べてみましょう。
後手は序盤からの着手をみると、右玉というより「角換わり」を志向したのではないでしょうか。指し手が角を換えましょうよ、といってます(笑)私なら9手目では▲6七銀として▽6五歩に備えて迎え飛車体勢にしたかもしれません。

通常、居飛車に対する右玉は、序盤からの戦闘は避けます。
先手のエルゴさんが角交換を拒否したから、こういう駒組みになったのではないかと推察できます。その上、エルゴさんが尖鋭な棒銀を繰り出してきたから、後手は王様を安全地帯の右側に囲ったのではないでしょうか。

最近はプロ間でも「雁木」が流行っています。若手強豪の増田康宏六段が好んで指す戦法で、しかも「矢倉の時代は終わった」などと発言して物議を醸しています(笑)。右玉の要諦は「雁木+地下鉄飛車」です。なぜかというと、右玉の沿革は、もともとが「ツノ銀中飛車」からのスピンアウト戦法だからです。古い話ですが、すでに鬼籍にある大内延介九段はここから強力な穴熊に囲い、伊藤果七段は、右玉、いわゆる風車戦法を創案しました。
大内九段のツノ銀中飛車は大いに威力を発揮して、ついには名人に挑戦、あわや中原名人から名人位を奪取する寸前まで行きました。伊藤果七段の「風車」は当時、田中寅彦八段が創案した居飛車穴熊に対抗する手段として、ずいぶん功を奏しました。

さて無駄話は置いといて(笑)後手は当初から右玉を指すつもりがなかったせいか、すべてに立ち遅れています。
私なら35手目の▲3五歩の仕掛けを受けた時点で勝負を諦めたかもしれません。
なぜなら右玉(伊藤果七段の創案によれば「風車」といいます)なら、5四歩~3三桂~5三角~2一飛の形が必須なのです。とりわけ地下鉄飛車が右玉の攻守の要衝になります。
上記の形になれば「さぁどっからでもいらっしゃい」です(笑)。
ですから、▲3五歩に対して後手が玉を7二に寄せたのは、すでに自陣左翼を明け渡す「焦土作戦」を覚悟したように思えます。先手サイドから見ると41手目の▲6七金は不急の一手です。ここは▲3四歩と位を取り、角がどう逃げようと▲3五銀と圧迫しておきたかったところです。

後手は相当に困っていたと見えて、54手目の▽3七歩はわざわざ一歩タダで与えた結果になっています。ここで完全な歩切れになった後手は指しようがなくなっています。68手目の▽2一飛は右玉側の大失策だと思います。
なぜならば右玉は角の打ち込みには強いんですが、飛車にはからっきし弱いんです。
ここで▲2三歩と垂らせば先手の完封勝ちだったと思います。

ただし、前述の飛車に弱い欠点を衝いて、▲2三歩に代えて▲4三成銀と喰いちぎり、▽同金に▲3二銀とする手が見えます。いきおい▽2四飛だと思いますが▲同飛で勝勢です。飛車が逃げれば金がタダの上、角当たりの先手・・・負けようがないですね。もっとも先手側も大きな顔は出来ません。▲6七金を不急の一手だというのは、それによって玉が不安定なために先手も飛車を渡せないからです。

73手目もちょっと消極的かな。ここは▲4二成銀と突っ込めば勝勢です。▽同金▲同角成…あとは蹂躙し放題です。
93手目、▲3二龍としたかったです。と金取りの先手で、かつ敵玉の横っ腹を睨んで、後手の下段飛車が居なくなれば一筋に摺り込めるんですから非常に味が良いですね。後手が玉を手厚く守る、例えば▽5二銀打ならばジッと▲3八龍と、と金を払って自陣龍にしておけば、盤石です。と金で桂を取れば▲4三金▽2六角▲3一角▽5二銀打▲5四桂▽同銀▲5二金▽同金▲6四角成▽同銀は▲5二龍で先手勝ち。馬をはじく▽7三金は▲同馬と切られて無効。▽7三銀ならどうなるか?それには▲6三馬が厳しい。▽同玉に▲7二銀▽同玉▲5二龍。▲7二銀に▽5三玉と逃げても▲6五桂▽6四玉▲5二龍で受けなし。ただイヤらしい受けに▲4三金に▽2六角とせずに▽3一歩があるのを発見しました。結構悩ましい。▲2一龍と潜り込むのが最善だと思うのですが▽3二銀と両取りをかけてくる手があります。▲同金▽同歩▲8一龍▽同玉で先手優勢だと思うのですが、まだ結論を得ていません。111手目、▲8五同歩もあったと思います。対して▽8六歩なら▲8四桂と先手を取れます。どうもそれ以下は受けつぶされた感があります。
受けに便利のいい駒を与え過ぎたということも云えます。
受けは右玉の大きな武器。この後手は良い感覚をしていると思いますね。棒銀で自陣が破られそうと見るや、玉を右に深く囲い、左翼を焦土とする方針をいち早く決定しました。
ほとんど勝勢の将棋を失ったのは残念ですが、少しでも玉を遠く深く囲った後手にエルゴさんの攻めが停滞したのは確かですね。
例によって、くもさんのコメントは読まずに書いてみました(^0_0^)いくらか意見が合うかな(笑)
※追伸
今、くもさんのコメントを読ませていただいて、最後のご指摘の投了について、私も違和感を感じましたのでひとこと。
先手エルゴさんは▲4二角成として▽8七銀に投了していますが、反撃する気力を失ったような指し手になっているのが気になります。111手目の▲5四歩は▽8六歩とされれば、必死級の詰めろになることは誰でも分ります。でも115手目の段階では▲8五歩という手段が残されています。▽同飛なら▲7七桂▽8一飛に▲8五歩としておけば一縷の希望は残ります。次に▲8四桂がありますからね。次に3八に龍を引き、3二に桂を成り、粘れば後手は必ず焦ります。安易に飛車を与えたために、また6八金への角の利きを自らはずす▲4二角成で後手の寄せを初級クラスの易しさにしてしまっています。つまり諦めたとしか思えないような投了に見えるのです。くもさんの仰る意味と同じかどうか分りませんが…。

Re: 私の棋譜見てください19_1 - タキオン

2019/01/09 (Wed) 01:15:02

新年の熱戦お疲れ様でした!
私も最後の投了の場面は、
分かりやすい筋ではありますが、即詰めにするにはそこそこ長手数ですので
私ももう少し進めてからにするかなと思います。

AI(人工知能)について) - 鬼

2019/01/04 (Fri) 07:13:28

お早うございます。
私は昔から「人間は絶対にAIに敗れることはない」という主張を公言していましたが、ついにはプロ棋士が勝てない時代が到来しました。三浦九段のような事態をも招いてしまいました。
でも、私はいまだにAI付きのソフトは買ったことがありません。私の棋友が24道場で3級から一気に六段に昇級したことがあり、祝福していたところいきなりサイト上から消え去ったことがありました。なんと「ソフト指し」を摘発されて永久追放になってしまったのです。悲しかったですねぇ。当時は(今はちょっとした実験で指すのを控えているので分りませんが)ソフト指しが横行して、永久追放者が多かったから、「ブルータス、汝もか」でした^^;。
だから無料の柿木をデータ保存で使うぐらいです。

さて今日の新聞全面を使って、今を時めく藤井聡太七段にそんなこんなの思いをロングインタビューしてあり、興味深い発言が随所にありましたので、皆さんにご披露したいと思います。
私自身も将棋の考え方の参考にしたい部分も多いですね。
・将棋において「先を読む力」には二種類ある。一つは「答えのある終盤」と「答えのない」序中盤の読み。この二つの違いは?
<詰将棋のような「答えのある」読みは、数学の問題を解くことに似ている。重要なのは「最終型をイメージすること。
「答えのない」序中盤では、「最初に適切な目的設定をすること」が重要。目的から逆算して考えることは人間の読みの長所です。そこでは「読み」に加えて「形勢判断」が求められます。単純に深く読めばいいわけではありませんね>

<実戦で求められるのは「答えのない」局面を読む力ですね。局面の性質によって深く読んだり、広く読んだり。
「どのように先を読むか」も、自分にとって今後一層取り組むべき問題だと思っています>

『答えのない序中盤で「先を読む」ために、何をどう考えて行けばいいか、アマチュアにアドバイスなどは?』
<例えば形勢判断を磨きたいとすれば、感覚で判断していたものを少しずつ言語化してみたらどうでしょう。「玉が堅いからこちらが有利」とか「駒損だから不利」とか。言葉にすることで判断の精度が高まるのでは>

『AIについて』
<人間に比べて読める局面は多いので、当然、「答えのある」読みは得意です。ただ最近はむしろ「答えのない」局面での読みに光るものがあります。
自分も形勢判断能力を鍛えるためにAIを参考にしていますが、判断そのものをAIに近づけていくのではなく、もともとの自分の考え、判断にAIの感覚を加え、どんな局面にも通用する形勢判断が出来るようにしたいと思ってます>
さすがに傾聴に値すると思います。まだ16歳ですが、将棋に関しては百年くらいの努力をしたのでしょうか。言葉によどみが感じられません。
現実に、AIがマイナスの評価をした飛車のタダ捨てを敢行したこともありましたね。
アマチュアにも分りやすい平易な表現で大変勉強になるインタビューでした。今年はどんな記録を出してくれるのか、無限の可能性を感じる16歳!!!です。

Re: AI(人工知能)について) - エルゴ

2019/01/04 (Fri) 07:43:07

おはようございます
>例えば形勢判断を磨きたいとすれば、感覚で判断していたものを少しずつ言語化してみたらどうでしょう。
>言葉にすることで判断の精度が高まるのでは
言葉で表すこと、すなわちもう一人の自分に語りかけることで、考えの整理ができるような気がします。
整理ができると次の指し手の精度が上がりますね。
より良い手が発見できるように思います。
「こう指したら相手はどう対応するかな?(3手の読み)」
「ちゃんと盤面全体を見ているかな?」
「ほかにいい手はないかな?」
・・・
「はい、負けました(心の中で)」
「今からは、粘る練習をさせていただきます」

私の棋譜見てください18_5 - エルゴ

2018/12/31 (Mon) 21:07:32

先手:h 氏
後手:エルゴ
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77) ( 0:04/00:00:04)
2 3四歩(33) ( 0:05/00:00:05)
3 7五歩(76) ( 0:02/00:00:06)
4 4四歩(43) ( 0:08/00:00:13)
5 7八飛(28) ( 0:03/00:00:09)
6 4二飛(82) ( 0:22/00:00:35)
7 9六歩(97) ( 0:02/00:00:11)
8 9四歩(93) ( 0:05/00:00:40)
9 4八玉(59) ( 0:03/00:00:14)
10 6二玉(51) ( 0:07/00:00:47)
11 3八玉(48) ( 0:03/00:00:17)
12 1四歩(13) ( 0:09/00:00:56)
13 1六歩(17) ( 0:02/00:00:19)
14 7二銀(71) ( 0:06/00:01:02)
15 2八玉(38) ( 0:03/00:00:22)
16 7一玉(62) ( 0:13/00:01:15)
17 3八銀(39) ( 0:06/00:00:28)
18 5二金(41) ( 0:07/00:01:22)
19 5八金(69) ( 0:17/00:00:45)
20 6四歩(63) ( 0:04/00:01:26)
21 7四歩(75) ( 0:03/00:00:48)
22 7四歩(73) ( 0:03/00:01:29)
23 7四飛(78) ( 0:03/00:00:51)
24 6三金(52) ( 0:03/00:01:32)
25 7六飛(74) ( 0:10/00:01:01)
26 7三歩打 ( 0:03/00:01:35)
27 6八銀(79) ( 0:08/00:01:09)
28 4五歩(44) ( 0:48/00:02:23)
29 7七桂(89) ( 0:03/00:01:12)
30 3二銀(31) ( 0:04/00:02:27)
31 9七角(88) ( 0:20/00:01:32)
32 4四角(22) ( 1:49/00:04:16)
33 6六歩(67) ( 0:11/00:01:43)
34 4三銀(32) ( 0:25/00:04:41)
35 6七銀(68) ( 0:12/00:01:55)
36 5四歩(53) ( 0:17/00:04:58)
37 5六銀(67) ( 2:41/00:04:36)
38 5三角(44) ( 0:21/00:05:19)
39 6五歩(66) ( 0:19/00:04:55)
40 6五歩(64) ( 0:50/00:06:09)
41 5三角成(97) ( 0:09/00:05:04)
42 5三金(63) ( 0:03/00:06:12)
43 6五桂(77) ( 0:03/00:05:07)
44 6三金(53) ( 0:13/00:06:25)
45 3一角打 ( 0:19/00:05:26)
46 5二飛(42) ( 0:05/00:06:30)
47 6四歩打 ( 0:14/00:05:40)
48 6二金(63) ( 0:05/00:06:35)
49 4五銀(56) ( 0:29/00:06:09)
50 3三桂(21) ( 0:31/00:07:06)
51 5六銀(45) ( 0:09/00:06:18)
52 4四角打 ( 2:35/00:09:41)
53 9七香(99) ( 0:48/00:07:06)
54 8八角成(44) ( 0:46/00:10:27)
55 9五歩(96) ( 0:06/00:07:12)
56 9五歩(94) ( 1:18/00:11:45)
57 9四歩打 ( 0:17/00:07:29)
58 8七馬(88) ( 0:38/00:12:23)
59 6六飛(76) ( 0:06/00:07:35)
60 9七馬(87) ( 0:02/00:12:25)
61 6三歩成(64) ( 0:04/00:07:39)
62 3一馬(97) ( 0:42/00:13:07)
63 5二と(63) ( 0:13/00:07:52)
64 5二銀(43) ( 0:37/00:13:44)
65 7三桂成(65) ( 0:33/00:08:25)
66 7三銀(72) ( 0:19/00:14:03)
67 7四歩打 ( 0:06/00:08:31)
68 7四銀(73) ( 0:08/00:14:11)
69 6五銀(56) ( 0:04/00:08:35)
70 7五銀(74) ( 1:44/00:15:55)
71 2六飛(66) ( 0:37/00:09:12)
72 3二馬(31) ( 0:56/00:16:51)
73 9三歩成(94) ( 0:17/00:09:29)
74 9三香(91) ( 0:55/00:17:46)
75 9四歩打 ( 0:04/00:09:33)
76 9四香(93) ( 0:55/00:18:41)
77 7四飛打 ( 0:05/00:09:38)
78 7三歩打 ( 0:56/00:19:37)
79 7五飛(74) ( 0:09/00:09:47)
80 5三角打 ( 0:57/00:20:34)
81 7六飛(26) ( 0:53/00:10:40)
82 1五歩(14) ( 0:55/00:21:29)
83 6四銀打 ( 0:16/00:10:56)
84 7二香打 ( 0:57/00:22:26)
85 5三銀成(64) ( 0:14/00:11:10)
86 5三銀(52) ( 0:54/00:23:20)
87 1五歩(16) ( 0:04/00:11:14)
88 1七歩打 ( 0:55/00:24:15)
89 7四歩打 ( 0:10/00:11:24)
90 8四銀打 ( 0:55/00:25:10)
91 7三歩成(74) ( 0:05/00:11:29)
92 7三銀(84) ( 0:56/00:26:06)
93 7三飛成(75) ( 0:18/00:11:47)
94 7三金(62) ( 0:56/00:27:02)
95 7四歩打 ( 0:12/00:11:59)
96 6三金(73) ( 0:55/00:27:57)
97 6四銀打 ( 0:22/00:12:21)
98 6四金(63) ( 0:55/00:28:52)
99 6四銀(65) ( 0:13/00:12:34)
100 6四銀(53) ( 0:55/00:29:47)
101 6三金打 ( 0:39/00:13:13)
102 5五歩(54) ( 0:59/00:30:46)
103 8六飛(76) ( 0:27/00:13:40)
104 8二銀打 ( 0:55/00:31:41)
105 6四金(63) ( 0:10/00:13:50)
106 6九飛打 ( 0:55/00:32:36)
107 5三金(64) ( 0:52/00:14:42)
108 6六桂打 ( 0:55/00:33:31)
109 5九金(58) ( 0:26/00:15:08)
110 6七飛成(69) ( 0:55/00:34:26)
111 9二銀打 ( 0:06/00:15:14)
112 7五銀打 ( 0:55/00:35:21)
113 6六飛(86) ( 0:36/00:15:50)
114 6六龍(67) ( 0:56/00:36:17)
115 6三桂打 ( 0:03/00:15:53)
116 6三龍(66) ( 0:55/00:37:12)
117 6三金(53) ( 0:22/00:16:15)
118 6二歩打 ( 0:55/00:38:07)
119 5三金(63) ( 0:24/00:16:39)
120 7四香(72) ( 0:55/00:39:02)
121 4三角打 ( 0:18/00:16:57)
122 4三馬(32) ( 0:55/00:39:57)
123 4三金(53) ( 0:18/00:17:15)
124 5六歩(55) ( 0:55/00:40:52)
125 5三飛打 ( 0:21/00:17:36)
126 1五香(11) ( 0:55/00:41:47)
127 8三銀(92) ( 0:38/00:18:14)
128 1八歩成(17) ( 0:55/00:42:42)
129 1八香(19) ( 0:05/00:18:19)
130 1八香成(15) ( 0:55/00:43:37)
131 1八玉(28) ( 0:06/00:18:25)
132 1七歩打 ( 0:55/00:44:32)
133 2八玉(18) ( 0:14/00:18:39)
134 1八飛打 ( 0:55/00:45:27)
135 3九玉(28) ( 0:07/00:18:46)
136 2八角打 ( 0:55/00:46:22)
137 4八玉(39) ( 0:04/00:18:50)
138 5七歩成(56) ( 0:55/00:47:17)
139 5七玉(48) ( 0:19/00:19:09)
140 5六歩打 ( 0:57/00:48:14)
141 5六玉(57) ( 0:17/00:19:26)
142 6三桂打 ( 0:55/00:49:09)
143 7四銀成(83) ( 0:40/00:20:06)
144 7三歩打 ( 0:57/00:50:06)
145 7五成銀(74) ( 0:17/00:20:23)
146 5五香打 ( 0:55/00:51:01)
147 6五玉(56) ( 0:15/00:20:38)
148 5九香成(55) ( 0:54/00:51:55)
149 5二歩打 ( 0:32/00:21:10)
150 投了 ( 0:59/00:52:54)

実戦がいかんせん少ない私なので、大晦日くらいと1局指しました。
また優勢を意識していた将棋を負かされました。
私の答え【 敗着 】=134手目 △1八飛
△5七歩成がよかったと思いました。
よろしくお願いします。

Re: 私の棋譜見てください18_5 - くも URL

2019/01/01 (Tue) 11:20:06

おはようございます^^

相振り飛車の将棋は良く分からないのですが、最近(と言ってももう10年以上前から)は本局のように美濃囲いにするのが主流みたいですね。
昔は二枚金とか金無双と呼ばれる低い陣形に構えるのが常法でした。

本局は36手目△5四歩が▲6五歩の仕掛けを与える不用意な一手で、以降は先手ペースになったようです。

41手目▲5三角成では▲6四歩が手筋の一着でした。
以下△6四同金は▲6五桂ですし、△6四同角は▲同角△同金▲5三角、△6二金は▲6五桂△4四角▲6三歩成です。
後手は飛車の位置が悪すぎます。

本譜は▲5三角成から▲3一角と攻めたてましたが、これが大して効いていない攻めでした。

52手目△4四角が好手で、ここでは後手が有利になっています。

82手目△1五歩では、後手の方が模様が良いので△6四歩▲5六銀△7二金上と落ち着いた流れにしておきたかったと思います。
上記△7二金上は次に△6三桂▲8五飛△8四香の飛車捕獲を狙っています。
先手は二枚の飛車がお荷物になっています。

102手目△5五歩では△4二馬が幸便の活用でした。
以下▲6四金なら△同馬が将来の△3六桂も見た絶好の位置になります。
先手が▲6四金とせず▲2六飛でも△6二歩▲6四金△同馬と無理やり6四馬を実現させれば、先手は飛車を成りこむことができません。
また▲2六飛の代わりに▲8六飛でもやはり△6二歩です。
▲8三飛成とされると一瞬後手玉が詰めろになりますが、△6三歩と金を取りながら退路を開けば大丈夫です。

127手目▲8三銀不成は悪手で、この瞬間は後手がチャンスだったと思います。
△1六桂▲3九玉△2八角▲4八玉△8八飛から8三銀をタダ取りすれば後手優勢だったと思います。

134手目△1八飛は確かに悪手だと思いますが、代えて△5七歩成では▲7二歩△同金▲同銀成△同玉▲6一角△同玉▲5二金△7二玉▲6二金△同玉▲6三金以下、後手玉が詰まされてしまいます。
134手目は△8三銀と取るのが良いと思います。
これを▲同飛成なら△1六桂▲3九玉△2八角▲4八玉△7八飛▲6八香△5七歩成▲同玉△5四香▲5五歩△6六銀以下先手玉を詰ませて後手勝ちになります。

134手目以降もまだ難しいところはあったと思います。
本譜は以下136手目△2八角~△5七歩成と後手玉を追い回してしまいましたが、じっと△8三銀と取り、▲同飛成△8二歩と受ければ△5七歩成の楽しみが残っているので後手もまだ戦えたと思います。

また、投了図でも△4一金打ですとか、△7五桂▲5一歩成△7二玉▲6一と△6三金のような粘りがあります。
負け将棋でも最後まで粘って相手に楽をさせないことで終盤力が鍛えられます。
投了せぬ手に悪手なし。
私ならまだ投げないと思います。

Re: 私の棋譜見てください18_5 - エルゴ

2019/01/02 (Wed) 07:58:33

おはようございます

36手目△5四歩 突いた瞬間、「あ、しまった」と思いました。
81図 後手の方が模様が良い
模様の良さを維持できる手を考えることを学びました。
134手目△5七歩成 えー、後手玉が詰むのですか・・
自玉の詰みを知らず、挟撃でどうだって言ってるのですから世話がありません。
134手以降
△8三銀は考えていましたが、四段目の香を取られるのがイヤで踏み切れませんでした。
受けに自信がないとこうなります。
150手目投了
△4一金は考えましたが、今金を手放して勝てるわけがないと思いました。
自分の中ではここら辺は最終盤なので、どう言ったらいいのでしょうか、
「あ、終わる、終わる・・」という感じです。
「いや、まだまだ」という感じにはなれないところが、ほんとまだまだですね。
敗着が投了の将棋はたくさん指してきました。
>負け将棋でも最後まで粘って相手に楽をさせないことで終盤力が鍛えられます。
次に生かす負けを心がけます。
ありがとうございました。

Re: 私の棋譜見てください18_5 - 鬼

2019/01/02 (Wed) 08:42:25

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
早速、私の趣味の棋譜検討の材料を与えてくださってありがとうございます。例によって先入観を植え付けられないように?くもさんのコメントは見ないで。ヘボなりのご意見を述べさせていただきます(笑)。
まず私には後手32手目の4四角に違和感があります。この手の意味がよく理解できません。まずは▽3三角として先手の▲2六飛のキズを消しておきたいですね。続いて▽4三銀~▽5四銀と活用し、▽2二飛の迎え飛車の体勢を作っておきたいです。それと36手目の▽5四歩は大いに危険ですね。飛車が先手の9七角によってロックオンされてしまうではありませんか。いくら火器管制レーダー流行りだと云ってもね(笑)。
先手もこれを衝いてきた動きは俊敏でした。先手が▲6七銀とした時点で▽5四銀と角頭をカバーし、続いて▽3三角と飛車の砲門を開けるのが自然でしょうね。▽5四歩の段階での自陣の飛車のラインは三重に重しが乗っかっています。その上、先手角にロックオンされています。私なら身の毛もよだつ局面です(笑)。70手目の▽7五銀も気になりますね。ここは▽7五馬と指したいところです。飛車が横に逃げても縦に逃げても銀をいただいちゃいます。例えば▲2六飛なら▽6五馬、▲2三飛成なら▽6四馬がホレボレするような味の良さです。
敗着を134手目の▽1八飛としておられますが、私はむしろそのあとの▽2八角が重すぎたと思いますねぇ。ちなみにここで▽5七歩成なら後手玉は▲7二歩以下詰みです。考えてみてください。
いずれにしてももったいない負けでしたね。

Re: 私の棋譜見てください18_5 - くも URL

2019/01/02 (Wed) 15:53:15

こんにちは^^

>△4一金は考えましたが、今金を手放して勝てるわけがないと思いました。
>「いや、まだまだ」という感じにはなれないところが、ほんとまだまだですね。

確かに本局の投了の局面からどう粘ろうと後手の勝ち目は薄いと思います。
一生懸命粘っても、苦しい時間が長く続くだけで、結局惨敗に終わる可能性が高いです。
回復の見込みのない患者に延命措置を施して苦痛を長引かせるようなものかもしれません。
しかし、将棋で負けてもそこで全てが終わるわけではなく、次やそのまた次があります。
メンタルを鍛えるのにこれ以上の好機はありません。

例えば134手目の変化で生じる詰み手順などは、いくら指摘されたからといって実戦で読み切るのは難しいことでしょう。
ですが、将棋の強さはそういった技術的な要素だけで構成されているのではありません。
「すぐあきらめる」「絶対あきらめない」このメンタルの強弱が、案外将棋の強弱にも関係しているのです。
強い棋士はみな往生際が悪いです。
どんな絶望的な局面になっても、最後の最後まで希望を捨てずに僅かな逆転のチャンスを狙います。
AIがものすごく強いのは、技術的に強いだけではなく、完璧なメンタルの強さをも備えているからです。

次回の実戦でまだ詰まされてもいないのに心折れて投了したくなったら、心の中だけで投了して、そこから先は負け将棋を粘る練習だと思って指し続けてみてはいかがでしょうか。
その苦しい時間は、エルゴさんのメンタルと終盤力を、少しづつではありますが鍛えてくれるのではないかと思います。

Re: 私の棋譜見てください18_5 - 鬼

2019/01/03 (Thu) 09:48:50

くもさん、ご挨拶が遅れて失礼しました。
今年もよろしくお願いしますm(__)m
前コメントの<「すぐあきらめる」「絶対あきらめない」
このメンタルの強弱が、案外将棋の強弱にも関係しているのです>を読んで懐かしい投稿棋譜を思い出しました。
何と2006年のくもさんからつけていただいたタイトルが
「絶妙手で大逆転」というまことに面はゆいタイトルです。
よく見ると全く勝ち目のない将棋を、相手の動揺に助けられて勝った将棋ですね。今から12年前の将棋の何と若々しいこと(笑)
棋譜です↓
http://www.ne.jp/asahi/tomohara/1116/kifu/kifu_oni3.html

Re: 私の棋譜見てください18_5 - くも URL

2019/01/03 (Thu) 20:20:59

鬼さん、明けましておめでとうございます^^
この将棋は覚えていますよ。
当時は鬼さんの荒っぽい序中盤と切れ味鋭い終盤の落差によく驚かされました。
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

謹賀新年_2019 - エルゴ

2019/01/01 (Tue) 05:32:25

新年あけましておめでとうございます。
昨日の歌合戦の米津玄師はよかったです。
Lemonはいざ歌ってみると、とても難しい曲です。
本年もよろしくお願いいたします。

Re: 謹賀新年_2019 - くも URL

2019/01/01 (Tue) 09:02:04

新年あけましておめでとうございます^^
私の青春のスター達がみんな老けているのを見て時の流れを感じました(^^;
桑田さんはさすが千両役者ですね☆
本年もよろしくお願いいたしますm(__)m

<この一局>9番について - 鬼

2018/12/19 (Wed) 19:39:11

お久しぶりです。
9番が話題になっているようなので、私も質問させてください。
長くなるのでスレッドを変えて投稿します。
65手目の▲4三銀が棋譜を見ていて感触が悪く感じるのですが、▲4三銀に替えて▲9七角と指してみたいのですが、どうでしょう。以下▽9五歩なら▲6五銀▽9六歩▲4三銀▽3三飛▲4二角成▽同角▲同銀不成▽3二飛▲6四歩▽6二金▲7四銀▽同銀▲4一角▽4二飛▲7四角成(図)となれば先手が指せそうな気がします。大分我田引水の読み筋かも知れませんが(苦笑)
ご教示のほどよろしくお願いしますm(__)m

Re: <この一局>9番について - くも URL

2018/12/21 (Fri) 23:06:33

鬼さん、お久しぶりです(^^)

65手目で▲9七角ですか。
▲4四角と歩を取りながら角をさばけるところ、逆方向の▲9七角には全然気づきませんでした。

ただ、鬼さんの想定手順通りに進んだとして、図の局面は後手の金得になっていますので、ゆっくり指せば後手が悪いことはないと思います。
例えば図以下△7三銀▲8五馬△7四銀打▲8六馬△8五歩と、どんどん厚みを築かれますと先手難局に見えます。

Re: <この一局>9番について - 鬼

2018/12/22 (Sat) 20:09:39

こんばんは~
そうか。いわゆる受けつぶしですねぇ
なるほど…ありがとうございました。

Re: <この一局>9番について - ももずきん

2018/12/27 (Thu) 04:47:51

図の局面で▽7三銀に△5六馬と引いて、△5一銀が残っているだけにそう簡単ではないかなという印象です。△2四歩からの飛車捌きも残っていて、厳密には後手よしかもしれませんが、経験上はかなり勝負になるとおもいます。右玉党はこれよりも圧倒的に悪い変化に慣れきっているはずで、振り飛車党は往々にして右玉を軽視してますから。だから大変かなとおもいます、実戦的には

Re: <この一局>9番について - くも URL

2018/12/27 (Thu) 22:04:33

ももずきんさん、こんばんは^^
ご意見ありがとうございます。

確かに▲8五馬から▲8六馬と撤退させられるよりは、中央に▲5六馬と引けた方が馬の働きが良さそうなのですが、この場合は△5五銀が急所の4筋を狙った味の良い一着になりそうです。

△5五銀に▲6五馬は△4五歩▲同桂△同飛▲同歩△4六歩の荒業が利きそうです。
以下▲5六銀なら△同銀▲同馬に再度△5五銀と押さえるのが急所で、5五に後手の銀が威張っている限り4七で清算して再度の△4六歩を何回もやられますから、先手玉は寄っています。

最初の△5五銀に▲3四馬(▲2三馬もあります)と4筋の守りを重視した逃げ方もありますが、これにも構わず△4五歩▲同桂△4四歩と徹底的に4筋を攻めるのが分かりやすいと思います。
以下▲3三桂成△同桂▲同馬と進み、さきほど打った△4四歩が無意味に思えますが、そこで飛車取りに構わず△4五歩と突き出すのが最速の攻めになりそうです。
先手は▲4二馬と飛車を取れますが、後手の△4六歩の取り込みの方がはるかに厳しく、やはり先手玉は寄っていると思います。

Re: <この一局>9番について - ももずきん

2018/12/30 (Sun) 06:24:08

なるほど、そこまで真っ当に対応した変化でばっさり切られてるとなると、相当に厳しい感じですね。

勉強になりました。ご教授ありがとうございます。

私も勉強中(第9番) - エルゴ

2018/12/09 (Sun) 19:33:56

こんばんは

くもさんの「この一局」第9番 死中に活の妙手順からお願いします。
130手目△1五桂はわかりませんでした。
▲同飛成で、15分くらい考えました。
△3九龍▲同金でまた考えました。
解説によるとここで先手玉が詰むということなので、また考えました。
(▲8四香△9三玉の交換は考慮していないので、後手の持ち駒に香があるのかどうかでどう違うかは別にして)
30分くらい考えましたが、早く答えが知りたくて解答を見てしまいました。
・・・
135図からの19手詰みを読み切るなんてすごすぎます。
盤で少しずつ進めてもわからないのに、頭の中で考えて詰ますなんて別世界です。
>最後たまたま妙手順が出て勝てたのは幸運だったと思います。
とあるのは、くもさんも詰みを最初から読み切ったわけではないということなのでしょうか。

初手からの解説を読んで感じたことを書きます。
35手目▲2七金
>先手が選んだのは、右翼から戦いを起こして入玉を狙う指し方でした。
棒金みたいに攻めてきて、やがて入玉を目指す狙いなんですね。
かつて、鬼さんの棋譜でそんな指し方を拝見したような・・
40手目△7二金
>後手から攻める手がありません。
>対振り飛車右玉への対処法をご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。
それならやはり、鬼さんでしょうか。
鬼さんがやられて困った形を教えていただけるといいですね。
50手目△3二飛
>こういった厚みの将棋では位の価値が非常に高く、位を巡る攻防がそのまま勝敗を決することも珍しくありません。
「昼休み将棋」のなかで、「厚み」と「手渡し」の解説がありました。
級位者は、厚みの価値を過小評価しているから、意識して厚みを築く指し方をしてみてはどうか、の文章が思い出されます。

総じて感じたことは、やはり段持ちの強い人は、相手の狙いがよく分かっていてそれを封じるように指すのですね。
「相手の手を殺す」ということでしょうか。
私など自分の指したい手ばかり考えていて、棋は対話なりとは程遠いことが分かりました。

Re: 私も勉強中(第9番) - くも URL

2018/12/09 (Sun) 23:42:06

こんばんは(^^)
早速の感想、大変ありがとうございます。
第9番は、居飛車党の私が飛車を振っていて、なおかつ相手が対振り飛車右玉にしている、という私の対局の中では大変珍しい将棋です。
最終盤に出現した妙手順が印象に残っていて、「この一局」の中では第7番、第13番(これは敗局なんですが)と共に好きな棋譜の一つです。
当時、妻から将棋を指すことを禁止されていたので、会社帰りにインターネットカフェでこっそり指した秘密の対局でした(笑)
いい将棋を指せたと思ったので帰宅してから妻の目を盗んで自宅のPCにこっそり棋譜をダウンロードしたことを覚えています。

130手目△1五桂の犠打は、自玉の詰めろを消すために仕方がないところです。
この時点ではまだ勝てるとは思っていませんでした。
131手目▲1五同飛成の後、よく見ると△3九龍と切る手があることに気づきました。
全ての変化を読み切れたわけではありませんが(先手が△3九龍をすぐ取らずに▲7二馬△同玉▲1二龍のように王手を利かせてくる変化もあります)、△3九龍を単に▲同金と取ると先手玉が詰むところまで読めたので△3九龍を決行しました。
当時も、1分将棋の中よくこの手順を読めたなーと思いました。
今ならとても無理だと思います(笑)
終局した時、心臓がドキドキしていましたよ(^^;

相手の狙いがよく分かっていれば、勿論それを阻止する指し方をしますが、相手が何をやってくるのか分からないからこそ手を渡すということもあります。
私があなたなら何を指したらいいか分からないんだけど、一体どうするの?という手渡しです。
これこそまさに「棋は対話」と言えるかもしれません。
特に秒読みの時、この手渡しが有効です。
将棋は間違えた方が負けるゲーム。
自分は転ばないようにして、相手に転んでもらう。
これを心がけるだけで私はレートが200点くらい上がりました。
相手に分かりやすい決め手を与えず、何かやってもらう。
お試しいただくと良いと思います。

Re: 私も勉強中(第9番) - エルゴ

2018/12/10 (Mon) 19:57:11

こんばんは
早速のご返信、ありがとうございます。
>妻から将棋を指すことを禁止
えっ?
あなたったら、将棋三昧で、ちっとも私のこと、かまってくれないんだから・・
だから、将棋は当分の間、禁止よ!
ということですか?

Re: 私も勉強中(第9番) - くも URL

2018/12/15 (Sat) 08:22:10

おはようございます。
いえいえ、将棋を指している時間はそれほど長くはなかったのですが、指している間は呼んでも上の空なのがイヤだったみたいです(^^;
傍から見ていると、座っているだけで何もしていないのに、どうして会話もできないのか?と思えるのでしょうね。
将棋や囲碁をしない人にはなかなか理解できないのかもしれません。

Re: 私も勉強中(第9番) - 鬼

2018/12/20 (Thu) 09:15:29

エルゴさん 久しぶりですね^^
右玉についてやられて困ったことなんて数知れません。
対処法なんて右玉を極めたなんて到底言えない私が
口幅ったいことは恥ずかしくて言えません。
それに最近は指していませんしね。
私の右玉全盛時代に指した棋譜を下記にご紹介します。
よかったら見てください。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~danro9/

Re: 私も勉強中(第9番) - 鬼

2018/12/20 (Thu) 09:38:12

くもさんのコメントを見て噴き出しちゃいました。
最近、家庭での羽生さんのことを奥様が何かに書いていました。
羽生さんは家でも食事中に、突然ジッと中空を見上げたまま、ご飯と箸を握ったまま何十分も固まっちゃうんだそうです。
子供さんたちもよくできたもので「パパは宇宙に行っちゃったのよね」と慣れているらしい。
きっと将棋の重大場面が頭に在るんだろうと、奥様も達観していらっしゃるようで。。。
その様子を想像すると笑っちゃいますよね(^0_0^)

Re: 私も勉強中(第9番) - エルゴ

2018/12/21 (Fri) 21:31:52

鬼さん、こんばんは
その羽生さんは、27年ぶりに無冠となりましたね。
逆に言うと27年もの間、何らかのタイトルを保持していたということ。
すごすぎますね。

Re: 私も勉強中(第9番) - くも URL

2018/12/21 (Fri) 23:46:57

こんばんは(^^)
羽生さんもすごいんですけど、私は改めて大山十五世名人のすごさを認識しました。

59歳でタイトル獲得、66歳でタイトル挑戦、連続44期A級を続け一度も降級することなく死去…。
すごすぎると言いますか、信じられない記録です。
タイトル獲得回数は80回で羽生さんに1位を譲りましたが、大山さんが27歳になるまで将棋界のタイトルは名人ただ一つしかありませんでした。
そんな大山さんも49歳の時に一度無冠になっています。
しかし50歳を過ぎてからタイトルを11回獲得しました。
この大山さんの鉄人ぶりにどこまで迫れるか、今後の羽生さんに注目しています。

Re: 私も勉強中(第9番) - 鬼

2018/12/22 (Sat) 20:37:32

何と云っても大山さんの13期連続の名人位は不滅の記録だと思います。通算は18期ですもんねぇ。もう怪物です(笑)
私も羽生さんの今後に大いに興味があります。
私は大山元名人の記録を追い抜いてほしいと期待したいです。
調べてみたら、さすがの羽生さんも、77期現在で通算A級在位が26期でベスト5にも入っていませんね。ただ連続26期も進行中です。通算で、ようやくベスト5に名を連ねているのが現役の谷川浩司九段の4位で32期。連続でも同じ32期で2位に入っています。あらためて谷川さんの凄さを感じます。
大山さんの44期には、羽生さんにとって、家康じゃありませんが”重き荷物を背負いて、坂道を上るがごとし”ですねぇ(笑)
ちなみにA級通算でベスト5は、大山、加藤一二三、谷川浩司、升田幸三、中原誠となっており、連続通算では加藤さんが抜けて塚田正夫九段が入ってました。

月初めに思うこと(師走) - エルゴ

2018/12/01 (Sat) 21:59:46

こんばんは
「私も勉強中」を再びと思い、「将棋厨房」の「この一局」をクリック。
「棋譜閲覧」をクリックしても棋譜が表示されません。
Shift を押しながらでも、Ctrl キーを押しながらでも表示されません。
どうしたらいいのでしょう。

Re: 月初めに思うこと(師走) - くも URL

2018/12/01 (Sat) 22:54:57

こんばんは☆
JAVAは最新バージョンに更新されていますか?
もしされていなければ、最新にしてみてください。
よろしくお願いいたします。

Re: 月初めに思うこと(師走) - エルゴ

2018/12/02 (Sun) 04:21:02

おはようございます
早速のお返事ありがとうございます。
Java Update が最後に実行されたのは 2018/12/02 の 3:53 です。
つい数分前のことです。
自動的に勝手に更新するのですね。
念のために、Java コントロールパネルの更新で、「今すぐ更新」をクリックしました。
「このシステムはすでに最新の Java プラットフォームになっています。」と表示されます。
で、「棋譜閲覧」をクリックしても同じです。

Re: 月初めに思うこと(師走) - くも URL

2018/12/02 (Sun) 08:24:28

おはようございます。
そうですか、たぶんセキュリティの設定で蹴られているんじゃないかと思います。
Javaコントロールパネルを開いて、「セキュリティ」の中の「例外サイト・リスト」に将棋厨房のURLを入れてみてください。
もしどうしてもダメでしたら、「この一局」のkifファイルをメールで送りますよ。

Re: 月初めに思うこと(師走) - エルゴ

2018/12/04 (Tue) 21:22:18

こんばんは
「例外サイト・リスト」に入力してもどうもうまくいきません。
サイト・リストの編集をクリック、追加をクリック、
www.ne.jp/asahi/tomohara/1116/を入力・・
でいいのですよね。
でも入力した文字が四角の枠に現れないです。
やり方がどこか間違っているのかもしれないですね。
もっと何度か挑戦してみます。

右クリックから、ページのソースを表示を選ぶと、棋譜らしきものが表示されます。
もしやと思い、コピペして kifu for win に貼り付けてもダメでした。

Re: 月初めに思うこと(師走) - エルゴ

2018/12/07 (Fri) 20:34:45

こんばんは
http://www.ne.jp/asahi/tomohara/1116/
http://www.ne.jp/asahi/tomohara/1116/kifu/kifu8
http://www.ne.jp/asahi/tomohara/1116/kifu/kifu8.html
と3つ、例外サイトリストに登録しましたが、変化ありません。
もう、どうしてもだめな状態になったようです。
棋譜のメール、いただけますでしょうか。
で、どうすればいいですか?

Re: 月初めに思うこと(師走) - ももずきん

2018/12/08 (Sat) 11:02:09

おなじ状況です。

Re: 月初めに思うこと(師走) - くも URL

2018/12/08 (Sat) 15:13:30

そうでしたか、なぜなんでしょうね?
私は棋譜を見られるので、何か設定が違うんだと思うんですけど、もしメールでの棋譜ファイル送信をご希望でしたら、
くもゆずhp@gmail.comにメールをお願いします。
くもゆずはローマ字に直してください。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.